≪≪  ≫≫

 馴染み

 

新潟県の燕市は、食器やフォーク等の産地で有名です。これら卓上刃

物の柄には、唐草などフローラルな模様などが、刻印されます。製造

工程は、まずスプーンの外形輪郭を打ち抜き、次にスプーンの窪みを

作り、そして、柄に華麗な植物モチーフを、刻印をします。

 

金型の材質は、最初の輪郭をくり抜く、抜き型には、ダイス鋼を使用

します。しかし、柄の模様の刻印材質には、SKSを、使用します。

プレス担当者は『模様は、SKSの方が、被打刻物に馴染みが良い』

と言います。

 

 

 

 

                  

 

≪≪  ≫≫