≪≪  ≫≫

 ビール缶

 

ビールのアルミ缶は、銅周り(3000系)とフタ(5000系)を結合して出

来ます。金型メーカーの技術の一つが、そのフタにあるスコア溝をつ

くる刃型です。飲み口になる、U字の切り欠け溝を作る技術です。

 

この溝を作る刃型いかんで、開封の具合が左右されます。缶ビールの

フタを見ると、押し裂かれる溝(外側)には、刃がシャープに、かつ

深く入り、一方、内側の溝には、太く浅く入ります。

 

また、プルタブを留めている鋲は、このU字の溝の中心からズレた位

置にあります。これにより、プルタブを引いた際、飲み口の裂き具合

が、U字溝の端の方から徐々にできて、自然な力で開封できます。

 

ちなみに、アルミ缶の、引き取り価格は1Kg95円?45L袋には

2Kg?入るかもしれません。アルミリサイクルの電気代は、ボーキ

サイトから作った場合の電気代の3%です。非常にエコなため、空き

缶の回収率も97%と非常に高いです。

                  

 

≪≪  ≫≫