≪≪  ≫≫

 かつら剥き

 

大根のかつら剥きは、上向き削りです。回転工具の場合、上向き削り

は、削る量が、ゼロスタートで、シャリッと削りに行く感じです。切

削抵抗が大きく、刃先が磨耗しやすいです。しかし、面はキレイにな

り光沢がでます。

 

一方、下向き削りは、いきなりパンッと叩きに行く感じです。振動も

大きく、面に光沢がでないです。しかし、切削長さは短いので工具寿

命は、良いです。

 

ちなみに、アイフォン5の輪郭の加工も、はじめの面取り加工は、下

剥き削りです。そして、次工程のダイヤモンド工具による光沢仕上げ

加工は、上向き削りです。

 

刻印もカツラ剥き

                アイフォン5の上向き削り

 

≪≪  ≫≫