≪≪  ≫≫

 ワークにあった刻印

 

ワークの形状が、特殊な場合、刻印されたロゴが、打刻後どう見える

かを、考えなければなりません。例えば、下の例で、ロゴの水平を維

持したいならば、RとKを、少し垂直に下げた刻印を作ります。

 

もしも、水平だから水平に、とロゴを刻印すれば、打刻後のワークに

は、RとKが上がってしまい、ロゴが上に反って見えてしまいます。

ワークにあった刻印を、作らなければなりません。

 

特殊R形状に刻印

 

平面に刻印

 オプティマ書体はシックでエレガント

 

≪≪  ≫≫