≪≪  ≫≫

 アウトライン刻印・ベタ刻印

 

打刻の際、同じ圧力(打刻の深さ)の場合、刻印の面積が大きくなれ

ば、力も大きくなります。この刻印の面積は、アウトライン刻印

タ刻印では、全然違います。

 

例えば、アウトライン刻印の中でも、英字のWは、Iの4倍はありま

す。もし厳密に打刻状況を同じくするには、力が4倍は必要になりま

す。また、同じ力で打刻すれば、Iの方が、深く打刻されます。ただ

実際は、ワークの材質にもより、さほど打刻深さは得られませんが。

 

一方、面積が断然大きくなるベタ刻印の場合、力が足りず、打刻が浅

くなるでしょう。また、力をかけすぎて、ワークの形状によっては、

ワークが変形するかもしれません。従って、ベタ刻印の場合は刻印の

彫刻方法を変えたり、ワーク変形防止の治具を用意したりします。刻印の圧力

 

斜線の刻印

ベタとアウトラインの間をとった『斜線刻印』

 

≪≪  ≫≫