≪≪  ≫≫

 砥石

 

タガネの刃付けには、包丁研ぎで使う羊羹形状の角砥石を使います。

包丁の場合は、砥石の幅いっぱいを使って研ぎますが、タガネの場合

は、数ミリしか使いません。

 

そのため、タガネを何度も研いでいくと、砥石の表面に、凹みの溝が

生じます。この溝を放置したままの、凸凹状態の砥石で、タガネを研

ぐと、先端にストレートのエッジが出ません。

 

そこで、砥石を平らにするために、共摺りをします。凸凹の砥石の大

きさ以上の砥石を用意し、油か水で摺り合わせるのです。

 

共摺りできる大きさの砥石が無い場合は、道路側溝の平らなコンクリ

ートと摺り合せても可能です。但しこの場合、砥粒(グラインダ付近

に落ちてる砥石の粉をかき集め..)を使わないとやはり効率がよくな

いです。

 

 

 

≪≪  ≫≫