≪≪  ≫≫

 タガネ

 

タガネ(鏨)は、金属を打ち出したり、彫り込んだりするノミです。

金槌でタガネのを柄を叩き、金属に溝を切ったりします。この場合、

タガネの先端・テーパー部は、位置決めを正確にするために、左右対

称に、油研石で研ぎ上げます。

 

例えば、刃物の銘切りで、よく見られます。ある刀匠は、使い古した

丸形の組みヤスリを、切断して先を砥ぎ、銘切りタガネとして、再利

用していました。

 

ちなみに、タガネの持ち方は、ドラムのフレンチグリップ、また、タ

ガネの体勢は、ビリヤードのキューと同じ感覚です。

 

 

タガネで刻印

 

     

≪≪  ≫≫