≪≪  ≫≫

 

 鑢・ヤスリの舟底

 

ヤスリで平面を出す場合、ヤスリの舟底部分を使って削りだします。

まずは、ヤスリの舟底を探し出します。ワークのどこを削ったのかを

判別するために、ワーク上面に光明丹(朱肉)を塗っておきます。

 

平面ヤスリで、適当に削ってみます。するとヤスリの両端部分のみに

キリコが付き、ワークにはそこで削られた2本線が残ります。一見わ

かりませんが、ヤスリが瓦の形をしているせいです。これは、ヤスリ

の裏で削ったことになります。平面を出すには、表側(瓦の天面)で

削らなければなりません。

 

ヤスリをひっくり返して表側で削ってみます。ワークを見ると、上下

のみが削られ、真中は光明丹が残っていました。これは、ヤスリのク

ボミ部分で削ったせいです。クボミ部分で削れば、ワーク表面は、真

ん中が高いままで、平面がでません。

 

ここで、ヤスリのどの辺りに、舟底があるのか大体見当が付きます。

ワークの真ん中のみを削り取ってくれる箇所が、ヤスリの舟底です。

舟底部に指を乗せ、ワークにヤスリを当て、指で押さえながら、柄を

押し出します。ブレーキかけながらアクセルのような感じです。

 

舟底で当たれば、削っている感触があるはずです。もしも、ヤスリに

舟底が見当たらない場合、裏面をグライダーで適当に削ると、表に舟

底ができるかもしれません!?この時、マメに水冷しないと焼きなま

してしまうかもしれません。

 

≪≪  ≫≫