≪≪  ≫≫

 

 クレーム

 

最終製品の製造業者は、クレームの対応や、アフターケアをするため

に、自社の製品に製造番号を付与しています。

 

製造物責任(PL)法に対して、製造業者が行う対策の一つとして、

「クレーム処理体制の見直し」が挙げられています。製造番号の管理

は、その対策の中で、必要不可欠になります。

 

このような社会的有用性を鑑み、製造番号の管理は、最終製品の製造

業者だけでなく、様々な部品メーカーにおいても、積極的に取り組ま

れています。

 

 

 

 

 

 

   ≪≪  ≫≫